« 私がスマートフォンを使う理由 | トップページ | 新型インフルエンザに対する情報が不足している件 »

【映画】ダークナイト 観劇

 映画『ダークナイト』を観てきました。

 『バットマン・ビギンズ』は未見だったので、昨日DVDを借りて予習した上で観に行ったのですが、これは正解でした。完全に続き物になっていたので、前作観てなきゃわからないところが多数あったように思います。

 昨日観た『バットマン・ビギンズ』は、映画館に足を運ばなかったことを後悔しました。かなり出来の良い映画ですね。

 で、今日観た『ダークナイト』は、観劇後、思わず涙が出てきました。ここまでダークで悲痛な物語だったとは…
 アメコミ原作映画って、カラッとした作品が多くて、気楽に観られて良いなぐらいの軽い認識でいたのですが、認識を改めました。
 悪とは何か?善とは何か?正義をなす事がどういうことなのか?いろいろ考えさせるシナリオでしたね。
 非常に良いシナリオなので、ネタバレを断じて避けるため、ここでは細かいことには触れません。是非、ビギンズと通しで観ていただきたいです。
 ただし、若年者の鑑賞は注意が必要かと思います。かなり厳しい殺人シーンがありますし、復讐心に駆られて残虐行為を働くシーンは、目を背けたくなるほどでしたので。

 『ヒース・レジャー』扮する『ジョーカー』の演技はすさまじい物がありました。あれほど切れた悪役は、『ゲイリー・オールドマン』ぐらいしか知りませんね。いや、あれ以上かも。主役を食ってしまうほどでした。
 映画撮影終了後まもなく、『ヒース・レジャー』は交通事故死していますが、この原因として取りざたされているのが、『ジョーカー』役に入れ込みすぎて精神に失調をきたし、睡眠剤を飲み過ぎて意識がもうろうとしていたところで、交通事故に見舞われたのだとか。
 迫真の演技だっただけに、残念至極です。
 次回作のことが今から心配ですよ。あれほどの切れた演技はそうそうできる物ではないですからね。

 映像技術とか、音響もかなり良かったのですが、そこを語るよりシナリオと役者の演技について語りたい気分でいっぱいです。

 観終わった後に、涙が出てきた映画なんて、ちょっと久し振りでした。

|

« 私がスマートフォンを使う理由 | トップページ | 新型インフルエンザに対する情報が不足している件 »

映画・テレビ」カテゴリの記事